コロナ対策のためテレワーク・時差出勤を実施しており電話がつながりにくくなっております
(お問い合わせは フォーム、チャットをご利用ください)

【バーコード屋さん】おかげさまで創業85年の明光舎印刷所にお任せ!
 日本最大級のセミオーダー中心の印刷通販サイト

あらゆるバーコード印刷に対応。日本唯一の専門店
バーコード屋さんは印刷ネットドットコムのお店です。

カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)

まめ知識[バーコードについて]Knowledge

バーコードとは

バーコード(Bar Code)についてAIMI(国際自動認識協会)では、 「情報を幅が変化する平行かつ長方形のバーとスペースの配列にコード化する自動認識技術」と定義しています。 簡単に言うと、太さの異なるバーとスペースを組み合わせて文字を作ったものがバーコードで、 これをバーコードスキャナーと呼ばれる光学認識装置を使って読み取ります。 バーコードは1970年代に誕生し、今では流通・物流分野をはじめとする様々な領域で使用されています。

バーコードの構成

バーコードは下図のように「左のクワイエットゾーン」 「スタートキャラクタ」「データキャラクタ」「チェックデジット」「ストップキャラクタ」「右のクワイエットゾーン」 で構成されています。


  • クワイエットゾーン
    バーコードシンボルの左右にある余白部分で「マージン」とも呼ばれます。 最も細いバーの幅の10倍以上のスペースを必要とします。
  • スタート/ストップキャラクタ
    データの始まりと終わりを示す部分。バーコードの種類によって異なり、「NW-7」では「a~d」、 「CODE39」では「*」です。「JAN」 「ITF」の場合は文字ではなく、スタート/ストップを表すバーパターンがあります。
  • データキャラクタ
    実際のデータを示す部分で、数字やアルファベットなどのバーパターンが左側から並んでいます。 上図の場合、「0」「1」「2」の文字を表すバーパターンを左から順に並べることで、「012」というデータを表しています。
  • チェックデジット
    データの正確性を保つために特殊な計算式で算出された数値で、データキャラクタの直後に付加されます。

インスタグラム  ツイッター
営業日カレンダー

年間カレンダー  

お役立ちツール

  • <small>バーコードの一番後ろのチェックデジットを計算するページです。</small><strong>チェックデジット計算機</strong>
  • <small>バーコードの専門知識や素朴な疑問の答えがあります。</small><strong>バーコードまめ知識</strong>
  • <small>無料でマイページから納品書がダウンロードできます。</small><strong>マイページで納品書ダウンロード</strong>
  • <small>コード別や大きさ別にバーコードの読み取りチェックができます</small><strong>バーコード読み取りチェックシート</strong>

商品一覧

印刷ネットドットコムについて

バーコード専門店、ナンバリング専門店、サイン ステッカー専門店などたくさんの印刷通販の専門店がはいったモールです。モールなので一回会員登録しておけば、いろんなお店でお買い物できます。
会員登録すれば、マイページからリピート注文が簡単に出来ます。前に入力した内容がそのまま残っているので<前回通りの注文><少し内容を変えて注文>などスムーズにご注文頂けます。

  • Instagram
  • Twitter