コロナ対策のためテレワーク・時差出勤を実施しており電話がつながりにくくなっております
(お問い合わせは フォーム、チャットをご利用ください)

【バーコード屋さん】おかげさまで創業85年の明光舎印刷所にお任せ!
 日本最大級のセミオーダー中心の印刷通販サイト

あらゆるバーコード印刷に対応。日本唯一の専門店
バーコード屋さんは印刷ネットドットコムのお店です。

カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)

まめ知識[バーコードの色について]Knowledge

バーコードのバーに黒以外の色を使っていいのか?

結論から言えば可能です。 シンボルの刷り色は白地に黒いバーが最適ですが、黒白以外の色も使うことができます。 ただし背景、バーの使う色ともに制限があります。

バーに使える色

黒、青、濃紺、濃緑系統の色など


背景に使える色

白、赤、黄、橙系統の色など

なぜ決まりがあるのかといえば、バーコードの読み取りの仕組みに関係があります。
バーコードでは反射したところ(白い背景)と光が吸収する部分(黒いバー)を受信してアナログ波形を得ることで数字を読み取っています。

そして、バーコードリーダーは一般的に赤色のLEDやレーザー光を使っていますので、赤い色を吸収しやすい色、例えば、黒、濃紺、濃緑などでバーを作成する必要があります。
逆に赤い光を反射しやすい色(白、黄、橙など)が背景に適している訳です。
もしバーを赤色、背景を青色というようにするとバーコードは読めなくなりますので、配色にはご注意下さい。

また、バーコードにアミは使わないで下さい。
読み取りの間違いが起こる可能性があるので、灰色にしたい場合はグレーの特色を使って下さい。



なお背景は色だけでなくまた、銀色の下地など、表面に光沢があるものは非常に読み取りにくくなりますので、できるだけ避けた方が良いと思われます。
インスタグラム  ツイッター
営業日カレンダー

年間カレンダー  

お役立ちツール

  • <small>バーコードの一番後ろのチェックデジットを計算するページです。</small><strong>チェックデジット計算機</strong>
  • <small>バーコードの専門知識や素朴な疑問の答えがあります。</small><strong>バーコードまめ知識</strong>
  • <small>無料でマイページから納品書がダウンロードできます。</small><strong>マイページで納品書ダウンロード</strong>
  • <small>コード別や大きさ別にバーコードの読み取りチェックができます</small><strong>バーコード読み取りチェックシート</strong>

商品一覧

印刷ネットドットコムについて

バーコード専門店、ナンバリング専門店、サイン ステッカー専門店などたくさんの印刷通販の専門店がはいったモールです。モールなので一回会員登録しておけば、いろんなお店でお買い物できます。
会員登録すれば、マイページからリピート注文が簡単に出来ます。前に入力した内容がそのまま残っているので<前回通りの注文><少し内容を変えて注文>などスムーズにご注文頂けます。

  • Instagram
  • Twitter