コロナ対策のためテレワーク・時差出勤を実施しており電話がつながりにくくなっております
(お問い合わせは フォーム、チャットをご利用ください)

【バーコード屋さん】おかげさまで創業85年の明光舎印刷所にお任せ!
 日本最大級のセミオーダー中心の印刷通販サイト

あらゆるバーコード印刷に対応。日本唯一の専門店
バーコード屋さんは印刷ネットドットコムのお店です。

カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)

まめ知識[JANコードとITFコードの規定倍率とそのサイズ]Knowledge

推奨されている倍率

良く使われるJANコードとITFコードには推奨されている倍率があります。 ただ実際にその倍率をいわれても良くわからないという方のために目安となるサイズ表を載せています。


JANコードの基本寸法(サイズ表)

基本寸法 JANコード倍率100%(ナローバー幅0.33)※
バーコードの長さ 37.29mm
バーコードの高さ 22.86mm   数字を含む場合 25.93mm
基本寸法の0.8倍~2.0倍まで拡大、縮小が可能です。

国際標準規格のバーコードのサイズ


倍率 80 100 120 200
ナローバー幅 0.264mm 0.33mm 0.396mm 0.66mm
バーコードの長さ 29.83mm 37.29mm 44.75mm 74.58mm
バーコードの高さ 18.29mm 22.86mm 27.43mm 45.72mm
バーコードの高さ(数字を含む) 20.74mm 25.93mm

  • 日本で使用する場合は高さを削るトランケーションが認められています。80%なら9mm、100%ならば11mmまでのトランケーションが推奨されています。
    日本独自の仕様のため、商品を海外に輸出する場合は本来のサイズで利用してください。
  • バーコードの細い黒バーをナローバーと言います。それを基準として大きさは決まっていきます。


標準物流コード(ITFコード)の基本寸法(サイズ表)

ITFコードの寸法はナローバー幅1mmを基準(倍率100%)として決められています。

基本寸法から横幅のみ0.625 倍~1.0倍の範囲で縮小することができます。

従来、日本国内におけるITF シンボルの表示の大きさは、基本寸法の0.625 倍~ 1.2 倍の範囲で横幅高さともに縮小拡大できるとしてきましたが、現在、GS1 国際標準では横幅に対してのみ0.625 倍~ 1.0 倍の範囲で縮小を行えるとなっています。
従来通りのシンボル表示を続けられても、日本国内で運用される限り支障はありませんが、印刷の改版時などに、GS1 国際標準に合わせることをお勧めします。

倍率 62.5 80 100
バーコードの長さ
※ベアラーバー除く
80.22mm 114.20mm 142.75mm
バーコードの高さ
※ベアラーバー除く
31.75mm 31.75mm 31.75mm
ベアラーバー幅 4.83mm 4.83mm 4.83mm


  • 表の値はおよその数値です。細かい端数は省略しています。
  • 運用される際の横幅はベアラーバー幅を足した数字、高さはベアラーバー幅と数字を含んだものとなります。

インスタグラム  ツイッター
営業日カレンダー

年間カレンダー  

お役立ちツール

  • <small>バーコードの一番後ろのチェックデジットを計算するページです。</small><strong>チェックデジット計算機</strong>
  • <small>バーコードの専門知識や素朴な疑問の答えがあります。</small><strong>バーコードまめ知識</strong>
  • <small>無料でマイページから納品書がダウンロードできます。</small><strong>マイページで納品書ダウンロード</strong>
  • <small>コード別や大きさ別にバーコードの読み取りチェックができます</small><strong>バーコード読み取りチェックシート</strong>

商品一覧

印刷ネットドットコムについて

バーコード専門店、ナンバリング専門店、サイン ステッカー専門店などたくさんの印刷通販の専門店がはいったモールです。モールなので一回会員登録しておけば、いろんなお店でお買い物できます。
会員登録すれば、マイページからリピート注文が簡単に出来ます。前に入力した内容がそのまま残っているので<前回通りの注文><少し内容を変えて注文>などスムーズにご注文頂けます。

  • Instagram
  • Twitter