コロナ対策のためテレワーク・時差出勤を実施しており電話がつながりにくくなっております
(お問い合わせは フォーム、チャットをご利用ください)

【バーコード屋さん】おかげさまで創業85年の明光舎印刷所にお任せ!
 日本最大級のセミオーダー中心の印刷通販サイト

あらゆるバーコード印刷に対応。日本唯一の専門店
バーコード屋さんは印刷ネットドットコムのお店です。

カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)

まめ知識[GTIN(ジーティン)について]Knowledge

GTIN(ジーティン)(Global Trade Item Numberの略)とは、国際的な流通標準化機関のGS1(本部:ベルギー)により標準化された国際標準の商品識別コードの総称のことです。

商品識別コード

国際標準の商品識別コードと呼ばれているものは、現在広く使われているJAN/EANコードの13桁や8桁(GTIN-13、GTIN-8)、UPCコードの12桁(GTIN-12)、集合包装用商品コード(GTIN-14)の14桁のことを言います。
流通情報の標準化機関であるGS1は、2005年1月より企業間で取引する場合に使用する商品コードについてGTINを使用するように推進をしています。
同年4月、GS1の加盟機関である一般財団法人流通システム開発センター(GS 1 JAPAN)は、日本で円滑にGTIN を導入していくため「GTIN 導入指針」を発表しています。

導入について GTINを導入していくことになると、上記の8桁、12桁、13桁、14桁など異なる桁数の商品コードの最長の桁数は14桁に揃えることになります。

今までの14桁に満たない商品コードは、読み取りの際に先頭に「0」を付けて14桁にして利用します。(集合包装用商品コード14桁はそのまま14桁で使用します)
また、GS1-128、GS1データバーなどのバーコードシンボルにおいては、アプリケーション識別子としてAI(01)を利用する場合、商品コードは14桁に設定されていますので、そのまま使うことができます。

そして、経済産業省「流通システム標準化事業」では標準EDIとして「流通ビジネスメッセージ標準(略称:流通BMS)」が策定されていますが、ここでも商品コードとしては14桁に揃えたGTINが利用されることになっています。

したがって、各社におかれましては、システムを新しく構築したり、改編したりするときには、商品コードの桁数は14桁に設定することをお薦めします。

なお、今まで使用されているバーコードはそのまま使えますので、入れ替える必要はございません。

参考資料
「GTIN」
(財・流通システム開発センター発行)

  • GTINアロケーションパンフレット(ダウンロード版)はコチラ
インスタグラム  ツイッター
営業日カレンダー

年間カレンダー  

お役立ちツール

  • <small>バーコードの一番後ろのチェックデジットを計算するページです。</small><strong>チェックデジット計算機</strong>
  • <small>バーコードの専門知識や素朴な疑問の答えがあります。</small><strong>バーコードまめ知識</strong>
  • <small>無料でマイページから納品書がダウンロードできます。</small><strong>マイページで納品書ダウンロード</strong>
  • <small>コード別や大きさ別にバーコードの読み取りチェックができます</small><strong>バーコード読み取りチェックシート</strong>

商品一覧

印刷ネットドットコムについて

バーコード専門店、ナンバリング専門店、サイン ステッカー専門店などたくさんの印刷通販の専門店がはいったモールです。モールなので一回会員登録しておけば、いろんなお店でお買い物できます。
会員登録すれば、マイページからリピート注文が簡単に出来ます。前に入力した内容がそのまま残っているので<前回通りの注文><少し内容を変えて注文>などスムーズにご注文頂けます。

  • Instagram
  • Twitter