【バーコード屋さん】おかげさまで創業85年の明光舎印刷所にお任せ!
 日本最大級のセミオーダー中心の印刷通販サイト

あらゆるバーコード印刷に対応。日本唯一の専門店
バーコード屋さんは印刷ネットドットコムのお店です。

カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)

まめ知識[輸入商品のバーコードについて]Knowledge

EANコードやUPCコードをそのまま使用できます

輸入品を販売している海外メーカーが現地の商品コードを取得している場合は、改めて取得する必要はありません。

そのため、輸入品にEANシンボルやUPCシンボルが印刷されている場合、印刷されているEANコードやUPCコードをそのまま使用できます。
まず、北米地域以外で使用されているEANコードは、日本で使用しているJANコードと全く同一の規格のものであり、呼称が異なるだけですので、問題はありません。
また、北米地域で使用されているUPCコードはEANコードの元となったバーコードで読み取りには支障はありません(UPCコードは12桁ですが、先頭に0をつけてレジでは読み取ります)。

商品に仕様変更を加えオリジナル商品とする場合は新たにJANコードを

もちろん例外はあります。
輸入品を扱う御社が何らかの仕様変更を加えて、日本オリジナルの商品とする場合は御社がJANコードを新たに取得する必要があります。

例)日本オリジナルのセット商品を販売する場合

ただし、輸入品を販売している海外メーカー自身が現地で日本オリジナルの商品とした場合は海外メーカーの商品コードで構いません。

また、販売する店側にUPCやEANとは別に御社のJANコードを取得して欲しいと言われる場合もございますので、販売の際にはご確認ください。

商品の製造を海外に委託する場合は?

自社の商品を海外の会社に商品製造を委託します。
自社のJANコードか、海外の会社のバーコードのどちらをつければ良いですか?

販売する御社のJANコードをつけて下さい。
JANコードは原産国を識別するものではありません。


インスタグラム  ツイッター
営業日カレンダー

年間カレンダー  

お役立ちツール

  • <small>バーコードの一番後ろのチェックデジットを計算するページです。</small><strong>チェックデジット計算機</strong>
  • <small>バーコードの専門知識や素朴な疑問の答えがあります。</small><strong>バーコードまめ知識</strong>
  • <small>無料でマイページから納品書がダウンロードできます。</small><strong>マイページで納品書ダウンロード</strong>
  • <small>コード別や大きさ別にバーコードの読み取りチェックができます</small><strong>バーコード読み取りチェックシート</strong>

商品一覧

印刷ネットドットコムについて

バーコード専門店、ナンバリング専門店、サイン ステッカー専門店などたくさんの印刷通販の専門店がはいったモールです。モールなので一回会員登録しておけば、いろんなお店でお買い物できます。
会員登録すれば、マイページからリピート注文が簡単に出来ます。前に入力した内容がそのまま残っているので<前回通りの注文><少し内容を変えて注文>などスムーズにご注文頂けます。

  • Instagram
  • Twitter